Topics



2019年10月  渡海真知子スペシャルライブ -Sons do Brasil -ブラジルの音

 この秋、本場リオからのスペシャルメンバーを迎えた夢のようなライブが実現します!リオ在住のフルーティスト熊本尚美さん、ブラジルを代表するピアニスト、アレンジャーのレアンドロ・ブラーガさん、そしてそして...!渡海のアルバムプロデュース兼サンバの師匠!伝統的ショーロ・サンバファミリーの血を引き継ぐセウシーニョ・シウヴァさんと共に、熱く美しいブラジルのサウンドをお届けします。



全国リリース 渡海真知子2ndアルバム  "Janelas abertas 窓を開けて”

CDをご希望の方はこちらにご連絡ください♪

レコーディングからマスタリングまでをすべてRio de janeiroで制作。ジャケットやブックレットは日本のアーテイストの手により、日伯共作で素晴らしい作品が出来上がりました...! 

レーベル: Grace Notes Records 品番:GNRS-0023

価格:2,800円(税別) 発売日:2016/4/30


Espelho (João Nogueira / Paulo Cesar Pinheiro) 
Rogério Souza – Violões 
Celsinho Silva – Moringa / Pratos / Ganzá
Dininho – Baixo
Mário Sève –  Flautas
Valéria Lobão / Beatriz Rabello / Celsinho Silva / Paulino Dias / - Coro 
 Direção geral / Produtor      Celsinho Silva
 Direção musical   Rogério Souza

"Espelho - 鏡"より

Eh, vida voa  
Vai no tempo, vai
Ai, mas que saudade
Mas eu sei que lá no céu o velho tem vaidade
E orgulho de seu filho ser igual seu pai
飛ぶように過ぎてゆく人生
あぁ、なんて切ない想い
だけど僕は知ってる
父が空の彼方で
父そっくりな息子を自慢に
そして誇りに思ってること

Pois me beijaram a boca e me tornei poeta
Mas tão habituado com o adverso
Eu temo se um dia me machuca o verso
口づけは僕を詩人にする
だけど悪さに慣れすぎて
いつか詩を傷つけることが怖い

E o meu medo maior é o espelho se quebrar 
僕の一番の恐れは"鏡"が割れてしまうこと...
大切なものを壊してしまうこと...

亡き父親への思慕と、人生を歩むことの難しさを歌っています。

 

 


blog


CelsinhoSilva ソロアルバムについて

ブログの更新が随分滞ってしまいました。

大阪に来て1年以上が過ぎましたが、春から夏にかけても多くの素晴らしい出会い、また様々なライブの機会に恵まれて充実した日々を送っております♪ 

さて、ライブスケジュールにも既に掲載しましたが、この秋、リオからスペシャルトリオが来日します。

リオ在住の素晴らしきフルーティスト熊本尚美さん、誰もが共演を望むトップピアニストのレアンドロ・ブラーガさん、そしてそして!私の師匠&プロデューサー、パーカッショニストのセウシーニョが5年ぶりにブラジルからやって来ます!

なんと嬉しいことでしょう。今から待ち遠しくてドキドキしています。みなさま、ぜひ各地のライブにお越しください!

 

そのセウシーニョのソロアルバムについて、実は現在クラウドファンデイングが開始され、CD化が実現したら10月のツアーで持って来てくれることになっています!このアルバムには渡海も一曲デュエットで参加しているんですよ♪ 

リンク先の日本語訳を掲載しますので、みなさまも是非プロジェクトにご協力、ご支援をお願いします!
https://www.catarse.me/celsinhosilvanasondasdanoite

続きを読む