Topics


リモート動画第三弾は伝説のサンバ歌手クララ・ヌネスを讃えた”Um ser de Luz〜光の存在 “。尾花毅さん宅で録音させて頂いたのち、リオのCelsinhoに編集依頼し待つこと6ヶ月。想像を遥かに超える素晴らしい作品に出来上がりました。

リオの演奏陣はカヴァキーニョのJorge Filho、サックスのMário、今回は豪華にもダブル7弦!Camareroも参加。コーラスはパンデイロレッスンで知り合った友人たちが参加してくれていて、その中のZiláが、なんとこの曲の作曲者Mauro Duarteの娘にあたるElianeとMarciaのお二人を呼んでくれました。

人とのつながり、その優しさ、サプライズに感激の涙が止まりませんでした。

この感動と感謝を、また表現でお返ししていきます。


リモート録音第二弾、美しいサンバ”Esta melodia”を大好きなミュージシャンとともに。パンデイロ、パーカッション、ミキシング、動画編集は前回に引き続きCelsinho Silvaによるもの(渡海の顔ドアップから始まってすみません😂)。歌とギターは昨年夏に尾花 毅

邸にて、最高の環境で録画録音させていただきました(尾花さんありがとう〜✨)。今回はなんとÉpoca de ouroのJorge Filho

がスペシャル参加。カヴァキーニョがサンバの哀愁を表現してくれます。皆さまの協力をいただき、またひとつ素敵な動画が出来上がりました。ぜひご覧ください♪


全国リリース 渡海真知子2ndアルバム  "Janelas abertas 窓を開けて”

CDをご希望の方はこちらにご連絡ください♪

レコーディングからマスタリングまでをすべてRio de janeiroで制作。ジャケットやブックレットは日本のアーテイストの手により、日伯共作で素晴らしい作品が出来上がりました...! 

レーベル: Grace Notes Records 品番:GNRS-0023

価格:2,800円(税別) 発売日:2016/4/30


Espelho (João Nogueira / Paulo Cesar Pinheiro) 
Rogério Souza – Violões 
Celsinho Silva – Moringa / Pratos / Ganzá
Dininho – Baixo
Mário Sève –  Flautas
Valéria Lobão / Beatriz Rabello / Celsinho Silva / Paulino Dias / - Coro 
 Direção geral / Produtor      Celsinho Silva
 Direção musical   Rogério Souza

"Espelho - 鏡"より

Eh, vida voa  
Vai no tempo, vai
Ai, mas que saudade
Mas eu sei que lá no céu o velho tem vaidade
E orgulho de seu filho ser igual seu pai
飛ぶように過ぎてゆく人生
あぁ、なんて切ない想い
だけど僕は知ってる
父が空の彼方で
父そっくりな息子を自慢に
そして誇りに思ってること

Pois me beijaram a boca e me tornei poeta
Mas tão habituado com o adverso
Eu temo se um dia me machuca o verso
口づけは僕を詩人にする
だけど悪さに慣れすぎて
いつか詩を傷つけることが怖い

E o meu medo maior é o espelho se quebrar 
僕の一番の恐れは"鏡"が割れてしまうこと...
大切なものを壊してしまうこと...

亡き父親への思慕と、人生を歩むことの難しさを歌っています。

 

 


blog


Sons do Brasil

Sons do Brasil ”ブラジルの音”ライブには、お陰様で沢山のお客様にお越しいただき、心より感謝申し上げます。
興奮で胸が熱いまま、今朝を迎えました。ライブの一つ一つを思い出しては、どんなに素晴らしい経験だったかと感激の涙が溢れてきてしまって、いま目が真っ赤です(笑)  
この感激と嬉しさを消化するにはまだしばらく時間がかかりそう。そのぐらい大きな経験をいたしました。
実は大阪ライブですごく充実しきってしまって、自分の器からしたら、この経験がサンバ人生の最高の瞬間なのではないかと、既にひとつ節目のような感覚に陥っておりました。でも、JZBratでは、彼らのもっともっと深いことを、まだまだ私の手の届かないようなブラジル音楽の崇高なところを、彼らは愛情もって音楽で教えてくれました。この教えは、これからまた私がサンバを歌っていく上で、お守りになると感じています。
いつも応援くださる方々をはじめ、今回のこの私の冒険を見守って下さった客席の皆様、そしてこのツアーをサポートしてくださった親愛なる友人たちへの言葉に尽くせない感謝を胸に、また彼らに近づくために精進していきたいと思います。本当にありがとうございました